プロフィール
11.jpeg

カメラとの出会いのきっかけは大阪万博。
マサティ少年は、オリンパスペンEES-2で撮りまくったのです。
名前:マサティ
年齢:多感な時期に大阪万博を体感
性別:男
ウェブサイトURL:http://www.geocities.jp/t911masa/
一言:クラシックギターも大好きです!!
image.jpg
よろしかったらクリックお願いします
にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
banner2.gif

2015年05月29日

コンデジの修理

知らない間に2ヶ月も経ってしまった。
記事を更新するのを怠っていたのです。

最近ではデジカメがほとんどで、記事にするほどの物が無い。

この2ヶ月で手に入れたコンデジ。

IMG_0014.jpg


この中でパナのFX-33は製造時期が古い。
概観に傷や凹みがあるだけでジャンクになるんだね。
内部は故障無く完動品。
パナは、無難に良く写るなぁ。

キヤノンのIXY10Sは5年ほど前のものだ。
これは、液晶の破損。
たまたま手持ち液晶部品があり、交換して簡単に修理完了。
スマホの画面のように液晶画面がタッチセンサーになっている。
良く売れたカメラらしいが、やや暗い場所でオートで撮影すると、
粒子が粗くなってしまう。高感度の画質は悪すぎる。
ISOを100や200位に固定し、三脚を使えば、そこそこの写真が撮れるようだが・・・。

白ボディのソニー。
この3台の中で一番良い物だ。
パナをやや大きくしたサイズだが、このサイズで、光学20倍ズームが内装されている。

IMG_0019.jpgIMG_0018.jpg

製造されて1,2年足らずと新しい。それにしても使われ方が酷かったようだ。
傷だらけでしかも落下によるアタリ、レンズ周りの凹み、バッテリー室、メモリーカード室の蓋が破損あり。

IMG_0016.jpgIMG_0017.jpg


当初レンズ正面に凹みがあるため、バリアーが開かなかった。
細い金属シャフトを使って、凹みを補正する事によってバリアーが開きはじめた。

また、バッテリー蓋のロックピンの紛失や押さえが外れ、固定できなかった。
クリップの針金を加工し、蓋をロックできるようになった。

やや概観に歪な部分が見られるが、写りにまったく影響がない。
最近のコンデジはレスポンスが良く、非常に使いやすい。

ジャンクワゴンも運が良ければ、新型の物でも手に入れる事ができる。


posted by masaty at 00:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。