プロフィール
11.jpeg

カメラとの出会いのきっかけは大阪万博。
マサティ少年は、オリンパスペンEES-2で撮りまくったのです。
名前:マサティ
年齢:多感な時期に大阪万博を体感
性別:男
ウェブサイトURL:http://www.geocities.jp/t911masa/
一言:クラシックギターも大好きです!!
image.jpg
よろしかったらクリックお願いします
にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
banner2.gif

2016年01月17日

ポルトガルギター

昨日、ポルトガルギターの演奏会。聴きに行ってきました。
マリオネット ポルトガルギター奏者湯淺隆さんとマンドリン奏者吉田剛士さんのデュオです。


ポルトガルギターって??

IMG2.jpg

クラシックギターをながくやっていますが、
恥ずかしながら、全く知りませんでした。

ギターと同じ6コースですが、すべて複弦で12弦張られています。
調律もむつかしそう・・・。 

音はマンドリンによく似ていますが、弾き方が全然違っていました。
親指、人差し指にピックをテープで巻きつけるんですね。

素晴らしい演奏会でした。
久しぶりに心が癒されました。

IMG.jpg




続きを読む


posted by masaty at 14:36| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ゼニットE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

和風スイーツ

頂き物ですが、有名なおはぎです。

DSC01470.jpg

きな粉、粒あん、こしあんの3種類。
あんはともに塩味が効いて、程よい甘さです。

DSC01471.jpg

きな粉はあっさりして個人的に好きです。

「ぎょくせいや」日本橋にあるおはぎ専門のお店です。
午後2時に開店し、並ばないと買えないそうです。



posted by masaty at 18:47| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

SMCペンタックス35mm2.8を試す。

昨日α7でsmcペンタックス35mmf2.8を試してみた。

フイルム時代にMEスーパーでよく使用したレンズだ。
35oの画角は適度に被写界深度が深く、
よく写っていたのを記憶している。
懐かしさが蘇るなぁ…。

DSC_8712.jpg


距離を4.5メートルで絞りをf8に合わせておけば、
2メーターちょっとから無限大までピントが合う。
親切にも目盛がオレンジ色になっている。



DSC09176.jpg

木の枝から無限大まで合っている。


DSC09204.jpg

これも。

DSC09205.jpg

絞りを開放にするとこれだけ違った写りになる。


DSC_8711.jpg
ボディのモニターは、晴天下ではどうしても反射してわかりにくい。
しかし液晶ビューファインダーを使うと問題ない。

ピントについては拡大して厳密な合わせ方ができる。

DSC09169.jpg

古いレンズも結構楽しめるなぁ。








posted by masaty at 23:41| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

α7にSMCレンズを取り付けてみた。

フルサイズセンサーを持つデジイチα7。
これにオールドレンズを取り付けて試してみる。

まず、アダプターを介して取り付けてみると、

IMG_0198.jpg

レンズがかなり飛び出して見える。
一眼レフ用なのでミラーボックス分長くなるのは解っていたが・・・。

IMG_0197.jpg

MEスーパーと比べてみた。

IMG_0198-2.jpg

懐かしいマーク!

フイルム面を示すマークがあった。
上から見るとこの位置にがフイルム面。
つまり、撮像素子の位置になるわけだ。

IMG_0199.jpg

なるほど。
2台のカメラのフイルム面の位置を合わせると
レンズの飛び出している量が一致する。
フイルムカメラを使っていた感覚から
撮像素子の位置は液晶モニターのすぐ裏位に思っていたが、
逆にマウント寄りだ。

レンズマウントから撮像素子までの距離がかなり近いんだなぁ。


posted by masaty at 10:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。