プロフィール
11.jpeg

カメラとの出会いのきっかけは大阪万博。
マサティ少年は、オリンパスペンEES-2で撮りまくったのです。
名前:マサティ
年齢:多感な時期に大阪万博を体感
性別:男
ウェブサイトURL:http://www.geocities.jp/t911masa/
一言:クラシックギターも大好きです!!
image.jpg
よろしかったらクリックお願いします
にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
banner2.gif

2016年09月11日

Canon powershot S100 レンズユニット交換

みなさま、お久しぶりです。
久しぶりにカメラの修理をしました。

今回は、数年前新品で購入したパワーショットS100。
このカメラは、一部リコールのかかった製品で、私のものはリコール対象から外れていました。
故障の内容とは、急にレンズエラーが出て、撮影不能になる。
この症状がでたのは購入後1年半ほど。

サービスに持っていき、状況を説明したところ、この個体はリコールに外れていて、修理代10000円ちょいかかる掛かりとのこと。

この症状はレンズ内部のフレキシブル基板の亀裂だと思いますが、1年半で症状が出るのはちょっと早いなぁ。
同時期に買ったソニーのRX100は未だに故障なし。
ネットで検索すると同機種は同じ故障が多発しているようです。
リコール対象外でもこれほど短期間に故障するので、これ以来、キャノンのコンデジは辞めにしました。

と言いながらも、
レンズユニット修理で検索したら、https://ja.aliexpress.com/のサイトでレンズユニットを発見。
中国の部品メーカーのようです。
CCDとレンズ一体化した物がほとんどです。
また、いろんなメーカーのレンズユニットが売られています。

s100のユニットが15米ドル程度だったので試しにを購入。

DSC04336.jpg

一か月くらいで到着。
マレーシヤからの発送になっています。

DSC04337.jpg

しっかりプチプチで包装されていました。

DSC04339.jpgDSC04338.jpg

新品部品のようです。
リコール対策後の部品なのだろうか・・・。


故障したS100。

早速分解です。(注意:コンデンサーをしっかり放電してから行ってください)
1年以上電気を通さず放置していたので、コンデンサーからの感電の心配なし。


DSC04359.jpg

プラスドライバー、基板を外すための爪楊枝、ピンセットで簡単に分解。


DSC04360.jpg

左が故障品。基板がぐにゃりと折れ曲がっています。
どこかこのあたりで亀裂が生じているのだろう・・・。

以前は、基板つなぎに挑戦したりしましたが、
ユニットごと交換は、信頼性も高く確実です。

しかし、基板切れだけで
カメラの一番大事なレンズと撮像素子部分も捨ててしまうわけです。
もったいないなぁ。
CCD付きレンズユニットはバッテリーのように消耗品みたいなものです。

DSC04362.jpg

スイッチON。


DSC04363.jpg

ちゃんと動くね。
あっけなく修理完了。

簡単に直りますよ。










posted by masaty at 18:11| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。