プロフィール
11.jpeg

カメラとの出会いのきっかけは大阪万博。
マサティ少年は、オリンパスペンEES-2で撮りまくったのです。
名前:マサティ
年齢:多感な時期に大阪万博を体感
性別:男
ウェブサイトURL:http://www.geocities.jp/t911masa/
一言:クラシックギターも大好きです!!
image.jpg
よろしかったらクリックお願いします
にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
banner2.gif

2012年03月02日

こんどは電池蓋破損…

レリーズスイッチが無事組み終わり、
あとは元に戻すだけです。

IMG_0265.jpg

フイルムEOSとよく似ています。


IMG_0268.jpg

トップカバーを取り付けたのですが、
何故か

IMG_0266.jpg

螺子の位置がおかしい……。

IMG_0267.jpg

しっかり取り付けてしまうと、
視度調整リングを取り付ける螺子の中心がずれてしまうのです。
何故か原因不明。

ファインダー右側のビスを緩めにすると、
何とか視度調整リングを回すことができます。

IMG_0282.jpg

シャッターボタン半押し、全押しが快適に作動するようになりました。
やはり接触不良だったのですね。

ところで、
バッテリーの蓋が開きにくいと思っていたら、


IMG_0283.jpg

蓋側の爪が折れ、
留めていた金具も外れてバラバラになってしまいました。

こういう部品は、サービスセンターで入手できます。

IMG_0284.jpg

700円程度の物だったので、
再生はやめて新品交換しました。



posted by masaty at 22:32| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | EOS 30D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

レリーズスイッチを分解してみる

レリーズスイッチを分解してみます。

IMG_0263.jpg

円盤状の板ばねが2枚。
これが本体の接点の上に乗せられていました。
金属製で変色しています。
接触不良の原因かも・・・。


IMG_0262.jpg

本体の接点部分。
接点が2種類みえますが、
おそらく全押し、半押し用でしょう。

IMG_0264.jpg

円盤状板ばねを磨き上げた状態です。


半押し、全押し用の
posted by masaty at 22:06| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | EOS 30D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

問題の箇所が見えてきました。

IMG_0257.jpg

視度調整ダイヤルを外すと、
トップカバーが外れそうです。

IMG_0258.jpg


本体との接続を外すとトップカバーが浮き上がり、
問題の箇所が見えてきました。

IMG_0259.jpg

拡大すると、

IMG_0260.jpg

中心が押し込まれ、レリーズスイッチが入るのですが、
おそらく接触不良でしょう。



posted by masaty at 22:18| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | EOS 30D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

デジタルカメラは消耗品

シャッターレリーズ不良というのは、シャッターボタンを半押しし、フォーカスがロックされ、さらに押し込むとシャッターが切れるはずですが、
もう少し力を入れて押し込むと、たまに切れるという症状です。

目標はトップカバーを外すことです。
横板を外すと、トップカバーを下から留めているビスが見えます。

IMG_0246.jpgIMG_0249.jpg

裏板を外すために親指があたるラバーを外してみます。

IMG_0248.jpg

隠しねじが緩んでいたのか・・・・・・。
ラバーに張り付いたまま剥がれました。
裏板が浮き上がり、

IMG_0250.jpg

液晶は取り付けられたまま外れました。

IMG_0251.jpg

フレキシブル基板を外して
本体と分離します。

IMG_0253.jpg

半田ごてを使う作業はなく、とても簡単です。
短時間で組み立て易い設計がなされていのには驚きますね。

話は逸れますが、
もうこれはカメラと言うよりも、精密家電製品です。
家電化したカメラは、電気屋さんで売るようになってから、おかしくなったような気がします。
値崩れの激しい家電の仲間入りになってしまい、メーカーも矢継ぎ早に新製品発表と・・・・・・。
銀塩カメラはかつて耐久消費財として、長年大事に使う物でした。

デジタルカメラは残念ながら消耗品です。




posted by masaty at 23:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | EOS 30D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

外枠を外す

外枠を外していきます。

IMG_0240.jpg
グリップラバーは簡単にはがれるようです。
その下には隠しねじが見えます。

IMG_0241.jpg

横枠を浮かせると、
前板との引っ掛かりがはずれ、

IMG_0242.jpg

爪を傷めないようにして
前板が外れました。

IMG_0243.jpg

久しぶりの電気カメラ。


IMG_0244.jpg


横板を外すと、
なんと錆が・・・・・・。

IMG_0245.jpg

普段はゴムラバーで蓋をされていますが、
かえって水が浸入しやすいのでしょうか・・・・・・?

錆は外側だけ。
内部は無事でよかったですね。

posted by masaty at 22:32| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | EOS 30D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

シャッターレリーズ不良

今回はデジタルカメラです。

機械式のカメラはほとんど復旧しますが、
デジタルは修理ができるか判断がむつかしいです。

電気的な部品が不良の場合は良品の部品と交換しか方法がありません。

ニコイチでパーツを交換しようとしても同一箇所が不良の場合があったりして、
結局2個とも駄目な場合もあります。

ニコイチで修理できても、
機械式カメラのように部品を加工したり、工夫したりする楽しみがありませんね・・・。
そのカメラが格安で手に入れることができた満足感くらいでしょうか。

機械的な故障のほうが直りやすく思います。
かつて、IXYを修理したように、
レンズが歪んでしまった物は、
元に戻しさえすれば動き始めます。

最近手に入れた30D。

IMG_0238.jpg

シャッターレリーズが不良です。



posted by masaty at 23:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | EOS 30D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。