プロフィール
11.jpeg

カメラとの出会いのきっかけは大阪万博。
マサティ少年は、オリンパスペンEES-2で撮りまくったのです。
名前:マサティ
年齢:多感な時期に大阪万博を体感
性別:男
ウェブサイトURL:http://www.geocities.jp/t911masa/
一言:クラシックギターも大好きです!!
image.jpg
よろしかったらクリックお願いします
にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
banner2.gif

2013年03月26日

絞りユニットの基板繋ぎ

IMG_0856.jpg

ハンダ付け部分にセメダインを乗せ、
しっかり乾いてから取り付ける。

IMG_0857.jpg

矢印がハンダ付けで接合した部分。
狭い隙間に入り込んで、湾曲している。

IMG_0859.jpg

レンズをひっこめたり、繰り出したり。


IMG_0860.jpg

ハンダ付け部分は引っ張られたりしていないようだ。



手振れ補正が付いていない初期のレンズ。
AFの作動はUSMなのでとても静かだ。
posted by masaty at 23:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | EF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 IS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

調子に乗って、再びEFレンズ。

半田付けが慣れている間に再びレンズ修理。

IMG_0861.jpg


これは、初代kiss デジタルのキットレンズ。
絞りが不良になり、分解してみたら絞りユニットから繋がるフレキに亀裂が入っていた。

8本のうち3本目までが亀裂による断線。
5本を残して亀裂部分を切り取り、
適当な3本のフレキを探して平行に貼り付けようと考えていたが、
しばらく放置してあった。

前回使用したフレキの残りが使えそうだ。

IMG_0850.jpg

亀裂していない部分を残していたが、
この際、バサッときってしまう。


IMG_0851.jpg

フレキの固定される部分をつなぎ目にして、
稼動部分になるフレキを移植。

IMG_0854.jpg

繋ぎ目は
半田付けした部分が外れないように裏から補強。

IMG_0852.jpg

完成した絞りユニット。
posted by masaty at 22:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | EF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 IS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

失敗は成功のもと

失敗の巻き。ということで諦めたけれども、再びEF-S 18-55/3.5-5.6 IS 。

どう考えてもエラー99はおかしい・・・。と悩んだ末、
接続を見直した。

だいたい手ブレ補正用の基板が切れたのも長さがおかしかったなぁ・・・。

とりあえず、手ブレ補正用の切れた基板を接続。
何回もやり直したりしているうちに細かい半田付けも最初より慣れてきた。

IMG_0842.jpg


フォーカス用の接点を手ブレ補正用のソケットに差し込んでいたことが判明!

IMG_0835.jpg

フォーカス用は本来隣に差すべきはずが、
ずっと勘違い。
フォーカス用のソケットに手ブレ補正の接点を差し込み、
フォーカス用の接点を手ブレ補正の接点に差し込んで仕上げ、テストしていたのです。
エラー99が出るまでの数枚は、オートフォーカスしてシャッターが切れていたのには驚きです。
kiss DNのボディ 大丈夫だろうか・・・・・・?


折りたたみすぎのフォーカス用基板を再び通電テスト。
断線なし。

IMG_0844.jpg

差し込み位置がずれるため、たたみ直し。
フレキが蛇腹のように折り目が付いてしまった・・・。

IMG_0845.jpg

今度は差込口を間違いなく取り付け、

IMG_0846.jpg

最後に手ブレ補正用の接点を取り付ける。



初歩的なミスでした。
失敗したからと言って、簡単にあきらめてはいけませんね。
失敗は成功のもと です。


posted by masaty at 23:10| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | EF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 IS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

失敗の巻き

もう片方も接合することにしました。


接合しやすい箇所を印して・・・・・・

IMG_0821.jpg


同様にハンダ付け。

IMG_0822.jpg

このように仕上がりました。


IMG_0826.jpg

強引に畳み込む。
ちょっと基板が長すぎたかなぁ・・・。

IMG_0824.jpg

随分あまってしまう。がく〜(落胆した顔)

IMG_0830.jpg

結果、Err99。ちっ(怒った顔)

収納に無理があり、接合部分のどこかが外れてしまったのか・・・?
おまけに手ぶれ補正のフレキにも亀裂。もうやだ〜(悲しい顔)

フレキの接合は難しいです。
つなぎ箇所を適当にやってしまったのが失敗の原因。
長さや繫ぐ箇所をしっかり研究してからやったほうがいいです。





posted by masaty at 23:57| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | EF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 IS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

Err99表示…。

IMG_0814.jpg

元の接点と同じ幅なので、このまま基板を削って
銅箔を露出させます。


元の形に合わせてカットし、

IMG_0815.jpg

接点が完成。

IMG_0817.jpg


ソケットに収まった。

IMG_0819.jpg

組み立てて、ボディに装着。
フォーカスリングが作動、合焦したが、
シャッターを切った後、

IMG_0830.jpg

エラー99の表示・・・。

IMG_0820.jpg

外して確かめてみたら、噛み合った痕が少しずれているようだ。
どうしても接触不良になってしまう。

やはり、切れたもう片方の部分を繋がないといけないのかなぁ・・・。



posted by masaty at 00:59| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | EF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 IS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

補修基板の取り付け。


剥がした基板を再び元の位置に貼り付けています。

IMG_0804.jpg
剥がすのは簡単だったけど、
貼り付けは位置あわせに一苦労・・・。

爪楊枝で基板を寄せておいて、隙間に両面テープの貼り付け。

IMG_0809.jpg

どうにかこうにか完成。

狭いスペースなので、
短い距離で基板がかなり折れ曲がる設計になっている。
組み立ててもすぐに折れ曲がった部分から亀裂が入ってしまう。
基板の屈曲する距離をなるべく長くとることができれば、
基板の亀裂は入りにくくなるだろう・・・。



IMG_0808.jpg
いろいろ考えました。
ギアボックスの底から曲がり始められるように改造しました。


ギアボックスの底に基板を固定する突起物があって、
これを折り取る。

IMG_0811.jpg

折り取った長さだけ屈曲距離が長くなる。

基板が一番伸びている状態。

IMG_0812.jpg

基板が一番折れ曲がった状態。

IMG_0813.jpg

ちょっと判りにくいかな・・・。

posted by masaty at 10:08| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | EF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 IS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

芯線を使ってハンダ付け

気合を入れて頑張るぞ!今日は、いよいよハンダ付け。

剥き出しになっている銅箔部分にハンダを乗せる。
接続用の芯線をハンダ付けしやすくするためだ。

IMG_0798.jpg

厚く乗せるとハンダが隣の線に被さってしまう。
薄く、薄く、塗るようにして乗せる。

20Dの時にも使った、リード線の芯線。
これを加工する。

IMG_0797.jpg

約5mmに切断。これをくの字に曲げる。
     細かすぎ!

これを接続面に乗せ、両端をハンダ付けする。

IMG_0799.jpg

どうにかこうにか2本接続成功・・・。
2本目はハンダの量が少なすぎるような感じ・・・。

IMG_0800.jpg

4本まで繋ぎ、5本目のくの字を載せている様子。
ペーストを塗り、ハンダの削り粉を一粒乗せるくらいで引っ付いてしまう。

(時計屋さんがつかうキズミ(目にはさむルーペ)は必需品。
これで覗きながらの細かい作業なので、ハンダごてで火傷しないよう注意が必要です。)

IMG_0802.jpg

美しいハンダ付けには程遠いが、
どうにかこうにか6本の接続完了。
表面保護のため、セメダインスーパーXを塗布して乾かそう!




posted by masaty at 23:33| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | EF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 IS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

極細のコテ先と半田を購入。

極細のコテ先と半田を購入。

IMG_0793.jpg

コテ先がかなり細い。

IMG_0794.jpg


半田付けしやすくするため、
接合する部分をのこぎり状にカットし、

IMG_0795.jpg


本体の基板に接着。

IMG_0796.jpg

半田付けの準備は整った。




posted by masaty at 23:43| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | EF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 IS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

一か八か遣ってみよう

補修用基板の配線間隔が
ソケットに入る基板の間隔と比べてみる。

IMG_0791.jpg

うまくいけば、この部分を削って直接ソケットに差込めるかも・・・。

そうすると、
基板繋ぎは片側だけでOKか・・・。

一か八か、やってみる事にしよう。

プリント基板の表面を紙やすりで磨き、

銅箔面が見えてきたが・・・、
IMG_0788.jpg

思った以上に削れ過ぎた。
つなぐ部分とは関係のない位置で良かったが・・・。

IMG_0792.jpg

置いてみると
こんな感じ。
しかし、半田ごてのコテ先が太く、
難しそうだ・・・。


posted by masaty at 23:26| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | EF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 IS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

やはり細すぎるか…

どのように繋ぐかなぁ・・・
ちょっと細すぎる。

IMG_0771.jpg

フイルムカメラ時代の基板繋ぎの時は、もう少しゆとりのある幅だったが、
最近のものはかなり難易度が高い。

繋げると思って並べてみるが・・・・・・

IMG_0772.jpg


posted by masaty at 22:50| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | EF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 IS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

EF-S再び分解

押入れから出てきたフレキシブル基板を使って出来そうな気がしたので、再び分解。

IMG_0767.jpg



これが断裂している基板。

繋ぐにしても、ブラシが摺動している基板を外さないといけない。
レンズの分解を進めるか・・・・・・。  

IMG_0768.jpg



この摺動面の基板は両面テープで貼り付けられている。
ドライバーの先で端を剥がしてみようと遣ってみた。

IMG_0769.jpg

割と簡単に剥がれそうだ!
ブラシを外し、
これ以上レンズをばらさなくてもいけるかも・・・


剥がせた。
あとは繋ぐだけ。

IMG_0770.jpg

しかし、どのように繋ごうか・・・?

posted by masaty at 22:46| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | EF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 IS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

基板繋ぎ断念…

ギアボックスを外し、フレキを点検。

IMG_0759.jpg


フレキの捻じ曲がる部分が短かいため、
すぐに折れ曲がってしまう。

IMG_0761.jpg

もう少し長さに余裕があれば、こんなに折れ曲がることも無いだろうにね・・・。


適当なフレキシブル基板を探してみましたが、
結局見つからず、今回は断念・・・。


フォーカス用モーター部分を外して組み立て。

IMG_0762.jpg

これでも手ぶれ補正は効くし、フォーカスエイドも使え、
マニュアルフォーカス専用として割り切れば結構使えそうです。
posted by masaty at 00:33| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | EF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 IS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

やはり基板が切れている。

マウント部分から分解。基板はすべて差し込み式で、
初期のEFレンズのように半田ごて使うことはありません。

IMG_0756.jpg

上部がギアユニット。
この下に断裂したフレキが・・・。

IMG_0758.jpg

18から55までの間で、基板がかなり捻じ曲がる。
フレキシブルと言っても、
頂点の部分が疲労して、亀裂が入る。
この時点で、ピントが迷うような症状が出始め、
折れ曲がって、すぐに断裂。
こうなると、モーターが回らなくなる。







posted by masaty at 23:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | EF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 IS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

AFが効かなくなった…

20Dの修理、並行してニコレックスの修理も完了して以来ずっと修理を休み、
写真を撮っていました。

今年の紅葉は当り年だったようで、あちこちで綺麗に色付いています。

DSC02740.jpg

11月の中ごろの万博公園です。
こんなに赤く色付いている紅葉は久しぶりです。


IMG_0113.jpg

例年だと茶色っぽい桜の葉もきれいでした。

IMG_0125.jpg

もみじ谷にて。

ところで、紅葉撮影前にKiss DN専用で使っていたレンズのAFが不調になった。
EF-S 18-55mm

IMG_0760.jpg

Kiss DNにはサイズがぴったりで使いやすかったが、
最近、ズームすると引っ掛かりを感じるようになり、
オートフォーカスが効かなくなった。

フレキシブル基板の断裂なのだろう・・・。


posted by masaty at 00:29| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | EF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 IS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする