プロフィール
11.jpeg

カメラとの出会いのきっかけは大阪万博。
マサティ少年は、オリンパスペンEES-2で撮りまくったのです。
名前:マサティ
年齢:多感な時期に大阪万博を体感
性別:男
ウェブサイトURL:http://www.geocities.jp/t911masa/
一言:クラシックギターも大好きです!!
image.jpg
よろしかったらクリックお願いします
にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
banner2.gif

2006年08月28日

ありゃ?セルフの押さえるネジがゆるゆる・・・・・

昨日の夜、分解の仕方で散々
悩んだ末、カメラに手をつけず、眠ってしまいました。
きょうはとりあえず、セルフタイマーから外してみることにしました。
01010163.jpg
カニ目を使わず両面テープを指に貼り、タイマーを固定するネジねじに貼り付けてまわそうとすると、・・・・・・・・・ありゃ?ネジがゆるゆるで、すぐに外れてしまうではありませんか。
レバーをはずして中を観察すると、

01010165.jpg

タイマーのカムが戻りすぎた状態になっているようです。
レバーのネジが緩み、グラグラになったレバーのピンがタイマーのカムからはずれ、カムが戻りきってしまった・・・・・ということでしょう。
セルフタイマーを停止させるレバーをONにして、
カムをラジオペンチで左回りにチャージすると・・・・

01010166.jpg

ラッキー!!タイマーをセットした状態でとまりました。
この状態でレバーを取り付けて、しっかりと取り付けました。

シャッターをチャージし、再度タイマーレバーをめいっぱいチャージし、停止レバーをOFFにすると、・・・・・・・・・・・・ジジジジジジジっと動き出し、シャッターが切れました。
良かったです。外観に傷をつけることなく直ってしまいました。

ほんと、今回はラッキーな故障でした。
ホッとしたところで、今日はこれでおやすみなさい。


posted by masaty at 00:30| 大阪 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | オリンパス OM−2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

OM−2の残骸です。

押入れの奥を探し、やっと見つけ出したのがこれです。

01010201.jpg

かなり前にばらばらに分解し、部品取りしたときの残骸です。
トップカバーのはずし方を検討するために残骸をあれやこれやといじっているのですが、たとえ外せたとしても、電子部品との配線などが外れたりしないか心配です。
完動品のボディだけにあまり分解したくない部分です。
セルフタイマーを手にしています。
ボディのマウント側の裏に取り付けられていたようです。
この部分を調整するには、すべてばらさないといけないようですね・・・・・・・・。


眠たくなったので、今日はここまでにしておきます。
posted by masaty at 00:48| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オリンパス OM−2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

セルフタイマー不良のOM−2

これは、セルフタイマー不調のオリンパスOM−2です。
それ以外は露出計、シャッタースピードなど快調、概観はスレもなく、
分解の痕跡もありません。
ネジを緩めるだけにも相当気を使うくらいの美品です。

01010162.jpg



このカメラを持ち込まれた方とはPTAをやっていた時の知り合いです。
カメラが趣味ということで仲良くなりました。
光学会社の社長もいらっしゃって、会合の時にはカメラ関係の話で盛り上がったものです。
私がPTAの役員をさせられたのも、カメラ修理という変わった趣味を持っていたからだったのですが・・・・・・。 

そう言うつながりから簡単そうな修理が頼まれるようになりました。
簡単そうなというのは、依頼者がそう思うのであって、実際はとても大変なことが多いのですが・・・・・。
「セルフタイマーだけやから、すぐ直るんちゃうかな?」っと言ってました。

また、この人の所有するカメラは程度の良い物ばかりなので分解には気を使います。トップカバーをはずす必要がある場合は、修理を断ろうかなぁ。
posted by masaty at 01:08| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オリンパス OM−2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。