プロフィール
11.jpeg

カメラとの出会いのきっかけは大阪万博。
マサティ少年は、オリンパスペンEES-2で撮りまくったのです。
名前:マサティ
年齢:多感な時期に大阪万博を体感
性別:男
ウェブサイトURL:http://www.geocities.jp/t911masa/
一言:クラシックギターも大好きです!!
image.jpg
よろしかったらクリックお願いします
にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
banner2.gif

2008年05月25日

カニ目リングの外し方

引き続きご質問にお答えします。
今回は、カニ目リングを外します。

http://masaty.seesaa.net/archives/20061028-1.html

たいていの場合はこれで何とかなるのですが……。

ペトリハーフは裏側から見ると、
IMG_3275.jpg
レンズの周りにギザギザのカニ目穴付きリングが見えます。
これはレンズのリングです。
その外側にちょっと解りにくいですが、
カニ目溝付きのリングがあります。
ちょうどフイルムの対角線位置に太目の溝が見えます。

そこに改造ラジオペンチの先を乗せて反時計周りにグッ…
と行きたい所ですが、フイルムの枠が邪魔になりそうです。

このカメラの場合、運が良くてわずかに緩める事ができました。
あとマイナスドライバーでコチョコチョとやるとリングが外れました。

おそらくこのようなタイプのカニ目リングは専用工具的なものを使うのでしょうね。

私の場合、こんなやり方で外したりします。
あまりオススメしませんけど……。

IMG_3276.jpg

太目の釘です。
釘の両端をカットします。
カットしたシャフトをラジオペンチで摘み、
カニ目リングの溝にはめ込み、回すのです。

IMG_3277.jpg

このやり方でもかなりのリングを回してきました。

ただ、硬すぎる場合はシャフトが曲がる場合もあります。
後群のレンズが奥の方にある場合にしかできません。
押えて回す時にラジオペンチをレンズに当てて破損させる危険性もあります。
ですから、オススメいたしません。
でも試される方は、くれぐれも自己責任と言う事でお願いいたします。





posted by masaty at 01:17| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ペトリハーフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

ピント調整です。

最後にレンズのピントを調整します。
前にも書きましたが、
ルーペにフォーカシングスクリーンを貼り付けた工具です。
http://masaty.seesaa.net/article/25289381.html

これがとても便利でいつもを使ってます。
ペトリハーフにもバルブが付いているので、レリーズでシャッターを開放して固定し、絞りも開放にします。

IMG_2105.jpg

フイルムレールにスクリーンを乗せて覗きます。
カメラは遠景に向けてピントリングまわして行き、
ピントが合ったところでフォーカスリングをはめ込みます。

IMG_2106.jpg

無限大の位置に合わせて芋ネジを締め付け、フォーカスリングとレンズとを固定します。

最近距離70cmの位置も調べてみましたが、 ピッタリでした。

IMG_2108.jpg

完成です。
最初のどろどろの時に比べると結構綺麗になりました。
シャッターもしっかりときれています。
ペトリにしては調整しやすいカメラでした。


posted by masaty at 23:58| 大阪 | Comment(3) | TrackBack(0) | ペトリハーフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

あともう一息…

シャッターユニットも比較的簡単な構造のおかげで、
問題なく再生できました。
また、本体側巻上げ機構もチェーンなどの可動箇所に注油して動きがスムーズになりました。

次にファインダーです。

IMG_2082.jpg

採光式ブライトフレームファインダーなのでフレーム枠がはっきりと見えます。
結構コストの掛かった作りですね。
また、ファインダーグラスがなぜか緑色。
どう言う意味があるのでしょうか?謎です…。

ハーフミラーが劣化し始めているようで、少し曇っています。
端の方を試しに拭いてみると剥がれてしまいます。
これ以上触るのは止めにします。

IMG_2095.jpg

レンズユニット、トップカバーを取り付け、
仕上がりまでもう一息です。

posted by masaty at 22:47| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ペトリハーフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

これはまるで自転車のチェーン……

レンズが組み終わり、本体の巻上げ部分を調べます。
巻き上げレバーが変わっています。
トリガー式で、レバーの先がナイフのように尖がっています。
速写するためにレバーを出した状態にできますが、突き刺さりそうな形をしています。

このレバーをはずすのですが、
止めてあるリングは逆ネジでした。

IMG_2098.jpg

こんな形です。

IMG_2100.jpg

底蓋を外し、
巻き上げレバーと連動しているパーツは、なんと…

IMG_2081.jpg

これはまるで自転車のチェーンです。
トリガーに連動してチェーンが引っ張られ、フイルムが巻き上げられるのですね。
ユニークなパーツです。初めて見ました。
posted by masaty at 01:10| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ペトリハーフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

3枚羽根で、シンプルなメカです。

シャッタースピードが1/250から1/15とB。
低速スローが無い分、機構が割合シンプルです。

IMG_2091.jpg

シャッター羽根は3枚です。
IMG_2093.jpg

破損はありませんでした。
ガバナー、レリーズピンなど、すべて分解して掃除と注油です。

IMG_2092.jpg

各所で動きがスムーズになりました。

但し、ペトリはパーツの仕上げや組み立ての精度が雑なので、注意深く試しながら進めないと失敗するケースが多いのです…。
posted by masaty at 00:04| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ペトリハーフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

ネジがユルユルです。これでは……。

IMG_2090.jpg

シャッターの羽根が外れているので、全体を分解します。
裏返してネジを外すのですが…、

IMG_2097.jpg

3本のネジのうち、2本がユルユルに緩んでいます。
緩んでいると言うより外れかけていました……。

それから、本体とネジの間に絞りリングが嵌っています。

たぶん、絞りリングを回している間にネジが緩んでしまったのでしょうか?
シャッターメカ部分とケースとの間が緩んでしまい、羽根が脱落してしまった訳です。





パーツそれぞれを洗浄してから組み立てることにします。


posted by masaty at 00:57| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ペトリハーフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

レンズは傷が多いです……。

レンズも前群を外して水洗いしました。
予想通り、傷だらけです。光に透かしてみると…、

IMG_2089.jpg

白濁している部分も見られますねえ…。
これは写りに影響がありそう…。
でも、良く言えばややソフトな感じに写り、ムードのある写真が撮れると思います。

さて、いつものようにシャッターを分解します。
ニッパーを改造したかに目回しで中間のレンズを外します。

IMG_2087.jpg

次にシャッターリングを止めているリングを外すと内部が見えてきます。

IMG_2088.jpg

シャッター羽根が外れていました。
posted by masaty at 00:06| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ペトリハーフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

フイルムが入ったまま…

あまりに汚いので、分解してカバーを水洗いしようと思います。

巻き戻しノブを外そうと裏蓋を開けると、

IMG_2077.jpg

なんと、フイルムが入ったままです……。
それも、フジカラーF-U 20枚撮り。
最後の方まで撮影済みで、巻き戻さずそのまま忘れられていたのでしょう…。かわいそうなフイルム…。

ばらしてから汚れているパーツを水洗いすると、少しはマシになったようです。

IMG_2080.jpg
posted by masaty at 23:17| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ペトリハーフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

泥まみれのペトリハーフです……。

すごく汚れています。
泥をかぶったような感じです。
レンズもどのようになっているか分かりません。

IMG_2071.jpg

近所の知り合いの人が、
ボロボロですっごく汚いカメラ出てきてん。
捨てよと思ってルンやけどいるか?
と言って持って来られました。
ペトリハーフです。

頂きました。

IMG_2075.jpg

栗林カメラの赤いマークは綺麗に光っています。

レンズを濡れティッシュで拭くと、少し向こう側が見えてきました。


IMG_2073.jpg

シャッターの羽根が中で外れてます。
全く作動しません。
泥水を被ってしまったのでしょうか……?


posted by masaty at 23:57| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ペトリハーフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする