プロフィール
11.jpeg

カメラとの出会いのきっかけは大阪万博。
マサティ少年は、オリンパスペンEES-2で撮りまくったのです。
名前:マサティ
年齢:多感な時期に大阪万博を体感
性別:男
ウェブサイトURL:http://www.geocities.jp/t911masa/
一言:クラシックギターも大好きです!!
image.jpg
よろしかったらクリックお願いします
にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
banner2.gif

2007年05月01日

クッションの貼り付け

ミラーが跳ね上がった時にピントグラスの枠にあたり、
その衝撃で割れてしまいました。

IMG_2391.jpg

今まで見てきた一眼レフの中で、ミラーが割れるのは初めてです。
ミラーの厚みも薄すぎたのかもしれませんが……。


ミラーとピントグラスの枠の間にウレタンのクッションを貼り付ける事にします。

IMG_2393.jpg

交換ミラーを再度取り付け、テスト。
クッションのおかげでショックがほとんど無くなり、
これで大丈夫でしょう。

IMG_2400.jpg

ペンタックスのタクマーレンズと良く似合いますね。
テスト撮影が楽しみです。

でも、何時になることやら……。
posted by masaty at 22:39| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ペンタコンFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

ミラーが……

IMG_2388.jpg

シャッタースピードをテストしていたら、

パチッ!
と鈍い音が……

posted by masaty at 09:11| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタコンFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

シャッタースピードの調整

幕のテンションを上げてみます。

先幕、後幕の駆動軸を留めるリングがプリズムの横にあります。
これを時計回りに廻すとテンションが上がります。


IMG_2395.jpg


先日製作したシャッターテスターを使って、それぞれのスピードで試しながらテンションを調整していきます。


IMG_2394.jpg


メインドラムの上側で、穴の下にビスが見えます。
色々触っているうちに解ったのですが、
スリット幅の調整は、
このビスを動かすことによってスリット幅が広くなったり狭くなったりするようです。

IMG_2396.jpg
posted by masaty at 09:09| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | ペンタコンFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

シャッター幕の取り付け

IMG_2386.jpg

上が後幕、下が先幕です。

先幕を駆動軸に貼り付け、
もう一方をスリット板に挟み込みました。

固定する為に瞬間接着剤を流し込みました。

後幕のリボンの端に穴を開け、鋲で駆動軸に固定しました。

もう一方のメインドラムに留める側はネジ止めで固定します。

IMG_2397.jpg

フイルムガイドレールの付いたカバーを取り付け、
幕の取り付けが終わりました。
posted by masaty at 22:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタコンFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

シャッター幕の作製。

ミラーが無事装着できたので、次に幕の取り付けです。

切り出した幕にスリット板を取り付けます。

後幕は2枚に分離しています。
幕を間にはさみ、リベットで留める構造です。
しっかり固定する為に瞬間接着剤を使いました。

IMG_2374.jpg

リベットの代わりに半田を使ってみました。

IMG_2376.jpg

両方から金槌でたたくとご覧のようになりました。
見た目では、しっかり留まっているようです……。


IMG_2377.jpg

2枚のスリット板の間に先幕のスリット板がはまるので、きっちりと隙間を作ります。


posted by masaty at 23:57| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタコンFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

ミラーが装着できました。 

カットしたミラーと破損したミラーです。

IMG_2380.jpg

左下が板バネです。
台とミラーの間にはさみ、留め金で固定します。
留め金はミラーの裏からビス止めします。

IMG_2381.jpg

台には、なぜか台形の窓が開けられています。
鏡の裏が丸見え……。

そういえばオリジナルミラーは裏側に黒塗装されていました。
乱反射防止幕を貼り付けておきます。

留め金の位置に鏡の表面が当たるように板バネで押さえます。

厚さ0.2mm違っていても、板バネのおかげで正規の位置に固定されます。

IMG_2384.jpg
posted by masaty at 23:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタコンFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

厚さ0.5mmの表面鏡をカット……

表面鏡頂きました!

以前からお世話になっている光学会社社長にお願いしました。
PTAやっていたときの知り合いで、すっごく頼りになる人です。

厚みはオリジナルよりも0.2mm薄い0.5mmですが…。
注意深く切り取ることにします。

IMG_2378.jpg

ネットで手に入れたガラスカッター。
潤滑油を注入できるタイプです。
灯油を使うのが一番だと言うことで、灯油を扱う友人から少量頂き、早速試してみます。

IMG_2379.jpg


煎餅を割る感覚で……。
と言うことで、先ず縦長に筋を入れ、パリッ。途中で斜めに亀裂が……。
練習が必要です。
2回目に細長く切るのに成功しました。
後は、短くカット。これも何回か失敗……。

2枚の写真は成功した時の物です。


posted by masaty at 00:03| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタコンFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

破損したミラーの取り外し

シャッター幕を取り外すと、ミラーの裏側が見えてきました。
ここで、ミラーを先に交換した方が作業しやすいです。

IMG_2268.jpg

亀裂が見えます。完全に割れていますね。
上の方に2本のネジが見えます。
これを緩めると表側のミラー押さえが外れ、ミラーが外れます。

IMG_2269.jpg

ミラーを乗せる台とミラーとの間には、板バネがはまっています。
厚さは0.7mm。
写ルンです望遠の内装ミラーを使おうかと思ったのですが、約倍の厚さ1.5mm位あります……。

IMG_2365.jpg

台とミラー押さえの間は約1mm位。厚すぎて入りません。
薄い表面鏡が必要です。
posted by masaty at 23:48| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ペンタコンFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

劣化したシャッター幕を採寸

IMG_2367.jpgIMG_2368.jpg

後幕のリボンを止められている部分です。
鋲を引き抜くことが出来ました。

IMG_2369.jpg

先幕のスリット板を起こすところです。
マイナスドライバーを突っ込んで少しずつ浮かしながら起こしました。

IMG_2366.jpg

後幕のスリット板は、リベットを外すと間単に外れました。


IMG_2370.jpg

すべて外してから劣化した幕のサイズを測り、
新しい幕を作ります。


posted by masaty at 23:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタコンFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

後幕も…

IMG_2262.jpg

幕が繋がっていた時の写真です。
右下斜めになっているのが先幕です。
その後ろ側が後幕。

後幕のドラムと金属板で挟んだ幕とがネジ止めされています。

IMG_2267.jpg

しっかり止められていますね。バルナックライカや国産カメラの場合は接着剤で止められているのですが…。

駆動軸側も鋲を打ち込んで止められています。

IMG_2264.jpg

スリット板は2枚重ねになっており、リベットで止められています。
2枚の板の間に隙間があり、この隙間に先幕のスリット板がはまり込みます。
これできっちりと遮光されますね。

IMG_2265.jpg
posted by masaty at 23:11| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタコンFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

劣化した先幕の取り外し…

先ず、先幕を外してみます。

IMG_2263.jpg

スプリングドラム側ですが、これだけしっかりカシめられていると外すことが出来ません。
切り取ることにしました。



スリット板側です。

IMG_2266.jpg

スリット板には7箇所の凸と7箇所凹(穴が開けられている。)があり、その間に幕が挟まれています。

金属のスリット板を起こして幕を取り外します。
国産のペンタックスなどの場合、接着剤が使われていますが、ペンタコンの場合、板を起こすと簡単に外れてしまいました。


posted by masaty at 23:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタコンFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

シャッター幕です。

IMG_2254.jpg

後幕は、リボンではなく丈夫に織られた紐で引っ張られています。
ドラムの下に見える紐はミラーに繋がっていて、巻き上げると引っ張られてミラーが下がってきます。

IMG_2255.jpg

先幕、後幕のスプリングの入った筒を抜き取る為、トップに見える2箇所のパーツをはずしてみます。
これには駆動用のスプリングが入っていました。

IMG_2257.jpg

後幕の筒です。ライカや国産のもののようなスプリングの内蔵された筒ではありませんね。
また、リボンがリベットで留められています。

IMG_2260.jpg

先幕の筒です。幕端を溝に挟んでしっかりとカシメられています。
posted by masaty at 22:31| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ペンタコンFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

外れました!

スプロケットが必ず外れるはずだと思い、
色々とやってみたのですが……。

しかし、どこを調べてみても
幕まで到達するにはここを外すしか方法がない。
4本のネジは外してあり、
スプロケットが外れるとすぐに外れるのだが……。

何気なくスプロケットを回しながら引っ張っていたら、

IMG_2252.jpg

スポッとスプロケットが付いたまま外れました!!
スプロケットの軸に切れ込みが入っています。
その切れ込みと本体の軸の凸とが噛み合い、切れ込みが引っ張る方向と平行になったときに抜けるわけですね…。




posted by masaty at 00:16| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | ペンタコンFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

フイルム室側から分解……

国産一眼レフの場合、マウント側からミラーボックスを外し、シャッター幕が見えてきます。
ペンタコンはどうも反対側。フイルム室側から外すようです。
フイルムガイドレール部分が4本のネジで止められています。

ところが、この4本を外しても、スプロケットが引っかかって外れません……。

スプロケットの軸が本体と繋がっています。
この繋がっているところを外さないと……。

しかし…、止めているであろうネジも見当たりません。

明日、また考えることにします……。
posted by masaty at 00:34| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタコンFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

トップカバー外れましたが……

前板が外れ、トップカバーが外れました。

IMG_2248.jpg

意外と複雑……。
スローガバナーが見えます。
今まで見たことの無いタイプですね。
弾み車が回転し、独特の音がします。

複雑なメカ部分はトップ側に詰め込まれているようです。

IMG_2250.jpg

シャッタースピード指標板を外してもう少しなかの様子を見てみます。

巻き上げるとシャッタースピードダイヤルが回転し、後幕がロックされる様子が見えます。
シャッタースピードは1/5秒の状態です。
シャッターを切るとガバナーが作動し、
1/5秒後に後幕レバーが蹴られる様子が見えます。
シャッターの調速は問題無く動いていますね。

このあたりを分解すると調整がややこしくなりそうなので、
このままにとどめておく事にします。

劣化した幕を交換する為、本体内部を分解します。
posted by masaty at 23:56| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタコンFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

トップカバーから外します。

いつものように、大体トップカバーを一番最初に外します。
巻き上げ、巻き戻しノブは、マイナスネジを緩めると外れてしまいます。
ノブの下の4本のネジを外すとカバーが外れそうなのですが、前面の銘板に引っかかっていました。

そのため、最初に前板から外します。

IMG_2243.jpg
底側の四角いパーツを外しました。このパーツにカメラが前屈みにならないようにする折りたたみスタンドが付いています。
前板を止めるピンが見えてきました。

次に、前板の貼皮を剥がすと……?

IMG_2244.jpg

隠しネジが見えてきました。
この2本を外すと、前板が外れました。

IMG_2246.jpg

前板を外した状態です。

IMG_2247.jpg
posted by masaty at 23:52| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタコンFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

シャッタースピードの切り替わる窓があります。

シャッタースピードの切り替えは、
巻き上げ側の親指の当たるところのレバーを動かすのですね。
レバーを右側にスライドすると、

IMG_2241.jpg

窓の右側に黒い三角指標が現れ、1/50以上の高速スピードが選べます。
ダイヤルを矢印方向に押しまわすとメモリが動き、
スピードがえらべます。

左側にスライドすると、

IMG_2242.jpg

今度は左側に赤の指標が現れ、
Bから1/20のスローが選べる様になっています。

スローでシャッターを切ると独特の『チャー』というガバナーの音がします。
全速度シャッターは切れるのですが、幕の交換が必要です。
posted by masaty at 23:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタコンFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

ミラーが割れている……

シャッター幕がぼろぼろです。
多数のピンホールがゴムのりみたいな素材で補修されています。
そのため、幕がボコボコしてしっかり閉まりません。

m.jpg

左上から紐が斜め下に引っ張られています。
巻上げと同時に紐が引っ張られ、
ミラーが降りてきます。

IMG_2237.jpg

シャッターがチャージされた状態です。
ミラーの真ん中に亀裂が入っていました…。

posted by masaty at 23:44| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタコンFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

今日からボチボチと…

今日は診療所へ行ってきました。

風邪の割にはちょっと長いなぁ。
もしかするとインフルエンザかも……。
でも、5日も経てば、そろそろ直る頃だから。
いまさらタミフルは飲めないし…。

と言うことで、マイシンなど合わせて5種類の薬をもらってきました。
こんなに沢山の薬を飲むのは久しぶりです。

薬の効果なのか、午後からは少し楽になりましたよ。


昨日紹介したペンタコンFM
旧東ドイツ製ですね。

ヘッドに何か建物のような柄が…

IMG_2238.jpg

ドレスデンにあるエルネマン工場のタワーをデザインしてあるそうです。


IMG_2240.jpg



posted by masaty at 23:35| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ペンタコンFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

しつこい風邪です……

ひきはじめから4日も経つのにスッキリしませんねえ……。

今日は仕事が休みで、朝一番で近所の診療所へ行ったのですが
結局診察を受けずに帰ってきました。

と言うのは、暫く待っていたのですが、先生の到着が道路事情で遅れているとのことでした。
4人も先約の患者さんが居られたし、熱も無かったので、やめにしたのです。

体もマシになってきたので昼から外出してしまいました。

IMG_22oo.jpg

今日は空気中に靄がかかった状態。
中国大陸から飛んでくる黄砂の影響ですね。
去年もひどかった記憶があるのですが…。
年々ひどくなって来るような気がします。人体への影響も心配です……。

夜になってもスッキリしませんね…。
やはり明日は診療所へ行くべきでしょうか……。

調子がよければ明日から修理日記です。
ペンタコンFM。
IMG_2234.jpg

posted by masaty at 23:24| 大阪 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ペンタコンFM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。