プロフィール
11.jpeg

カメラとの出会いのきっかけは大阪万博。
マサティ少年は、オリンパスペンEES-2で撮りまくったのです。
名前:マサティ
年齢:多感な時期に大阪万博を体感
性別:男
ウェブサイトURL:http://www.geocities.jp/t911masa/
一言:クラシックギターも大好きです!!
image.jpg
よろしかったらクリックお願いします
にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
banner2.gif

2008年02月26日

蘇ったMEスーパー

かつて何度かMEスーパーを組み立てた時、マニュアルからオートに切り替えても、マニュアルのままだったりした事がありました。
これは、トップカバーと接点の側面が接してしまった為でした。

IMG_2032.jpg

黄色矢印のように上面から側面までしっかり絶縁すればOKです。
トップカバーを取り付け、動作チェックです。
1as.jpg

ファインダーもすっきり。LEDが点灯。
数年ぶりに押入れから開放され、蘇りました。


IMG_2034-2.jpg

手になじむ小型ボディは、持ち歩くのにかさばりませんね。


posted by masaty at 23:55| 大阪 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | ペンタックスMEスーパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

ファインダーも綺麗になり、ミラーボックスの点検。

P1000659.jpg

ファインダーの枠です。
このまわりも劣化したモルトが貼り付けられていて、ピントグラス上に付着していました。
ファインダーの掃除も終わり、後はミラーボックスです。

前回のブラックボディで遣ったとおり、再度点検です。

P1000658.jpg

エアダンパーが見えます。
このピストンにゴムが嵌っています。
これも劣化してピストンの動きを悪くしています。

P1000663.jpg

右上がエアダンパー。
あと3箇所の矢印のゴムリングも劣化します。

近所にある工業用のゴム専門会社の社長に相談したところ、
同一のものはありませんでした。

サイズの合うオーリングがあったのでそれを多少加工して使っています。10年くらいは劣化しないと言うことです。

ボディ側へシャッターユニットの取り付けです。
外してあった電池ボックスも取り付け、徐々に元通りになって行きます。
P1000675.jpg

かなり前に分解したまま、ずうーっと放って置いたMEスーパーです。直るかどうか? 楽しみです……。
posted by masaty at 23:19| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタックスMEスーパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

基板をはずしてファインダーの掃除

ファインダーの中に黒い粒々が入り込んでいます。
LED部分に遮光モルトが挟んであるのですが、これが劣化してカラカラになっています。おそらくこれが入り込んでいるのでしょう。
目障りなので分解掃除してみます。

プリズムの上に乗っている基板をはずしました。

P1000661.jpg

順番にプリズムをはずします。
OM-1などと同じように高さを低く抑えるため、プリズムの底面が凸面になっています。

P1000660.jpg

思ったとおり、LED周辺のモルトがぼろぼろです。
LED上のよごれもきれいに拭き取りました。

P1000662.jpg
posted by masaty at 19:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタックスMEスーパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

シャッター羽根を分解掃除

羽根の動きがぎこちないので、
シャッターユニットもばらしてみます。
分解していないシャッターはダンパーが劣化していることが多いそうです。

P1000666.jpg

軸周辺の2箇所が劣化して溶け出していました。
しかし、底2箇所のダンパーは劣化していません。

羽根を順番に取り外します。

P1000669.jpg
コパルに比べると羽根の数も多く、形も変わっています。

P1000672.jpg
やはり軸の回りがかなりベトベトです。
羽根の動きに影響があったわけです。


posted by masaty at 22:36| 大阪 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | ペンタックスMEスーパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

半田付けをやり直しました。

IMG_1899.jpg

赤矢印部分に半田付け跡があります。
この位置に切ってしまった真鍮の細長い板を留めていました。
ここはシャッターボタン半押しで下側の板と接触し、スイッチが入るように板バネになっています。
この位置に留めたのでは、板バネの効果がなくなり、接触しなくなったようです。

今回、真鍮の細長い板を取り去りました。
代わりに銅線の芯を1本抜き取り、これを使うことにしました。
断裂したプリント基板の接続によく使いました。
http://masaty.seesaa.net/archives/20070110-1.html
黄色の矢印の位置に半田付けしました。
ここはもともと細長い板が繋がっていた位置です。
ここならバネと干渉しません。
posted by masaty at 19:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタックスMEスーパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

分解練習用のペンタックスMEスーパー

随分前に分解練習で仕舞い込んでいたMEスーパーです。
半田を外すのに一番厄介な箇所は
ミラーボックスと本体の狭い隙間の配線です。
リード線3本と真鍮の細長い板の4本を外さないと分離しません。

IMG_1898.jpg
初めて分解した時、真鍮の板を根元で切ってしまいました。

カウンターユニットにスイッチのパーツが繋がっていて、そのまま外れます。
以前、切ってしまった真鍮の細長い板を繋いでみましたが、スイッチが不調でした。

IMG_1897.jpg

この部分は板バネで、シャッター半押しでスイッチが入るようになっています。
繋ぐ位置がどうやらバネに干渉しています。
やばい所を切ってしまったものです……。
posted by masaty at 23:32| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ペンタックスMEスーパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

シャッターボタンがポロリ……

IMG_4710.jpg

もともと瞬間接着剤で補修されていたそうです。
レリーズをねじ込んでポロリ……。といったそうです。
トップカバーを外すとやりやすいのですが、このままやってみることにします。

シャッターボタン回りのリングを外します。
IMG_4714.jpg

シャフトを押し込んで反時計回りに180度回転させると、

IMG_4715.jpgIMG_4716.jpg

ご覧のようにシャフトがぬけます。

IMG_4717.jpg
MEFのジャンクボディから抜き取った部品がそのまま使えます。
プラスチックなので折れやすい感じがしますね。
金属部品を使って欲しかったものです。
真鍮の芯の抜き変えをわすれないように。

本体に取り付けます。
かぎ位置を合わせて押し込みます。
押し込みながら今度は時計回りに180度回転させるとロック位置でシャッターボタンが飛び出して止まります。これでOK。

IMG_4721.jpg

今度こそ故障しないでね……。
posted by masaty at 00:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタックスMEスーパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

カビが取れてスッキリ

IMG_4666.jpg

2枚目のレンズの裏側がちょうど外れました。

IMG_4667.jpg

結構大きく生えています。
コーティングに影響があるか心配です。

早速、例のカビ取り剤を使って……
http://masaty.seesaa.net/archives/20060723-1.html

コーティングが丈夫なのか綺麗に取れました。

スッキリしたでしょう?
IMG_4668.jpg
posted by masaty at 23:56| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタックスMEスーパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

レンズのカビ落しです。

IMG_4659.jpg

135ミリ3.5のレンズです。
1箇所大きなカビが見られます。
点々と生えかけています。
よく見ると2枚目の裏側か……?

隠しネジを探します。
ピントリングのゴムの内側に隠しねじ穴が隠れているケースが多いです。
マウント部分を分解する前に試して見ましょう。

IMG_4663.jpg

思ったとおり穴が出てきました。
ヘリコイドを回しながらネジを探していると…?

出てきました。3箇所共にネジが一致しました。

IMG_4664.jpg

内部に落とさないように注意しながら外します。

IMG_4665.jpg

フードと共に前筒がすっぽりと外れました。



posted by masaty at 00:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタックスMEスーパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

こんな所に亀裂が…

見つかりました。

不良箇所がASAを設定するパーツの裏側にありました。

IMG_4657.jpg

このパーツは感度を設定する為にブラシが回転し、抵抗値を変化させます。
右側にに亀裂が入っていますがわかりますか?
断線により露出不良になった訳です。
しかし、なぜこんな所に亀裂が入ったのか疑問です……。

たまたま同一機種の部品があったので交換する事にしました。
posted by masaty at 23:55| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタックスMEスーパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

カウンターは直ったのですが……

カウンターロックピンのぐらつきを修正して、カウンターの戻りすぎがなくなりました。

IMG_4655.jpg

これで漸く完成。
動作も確かめておこうと電池を入れ、シャッターを押すと?

何かおかしい……。

シャッターダイヤルAUTOでOVERが点灯したまま……。
M位置でもOVERのまま……。
しかしシャッタースピードは変化します。

えらいこっちゃ…
posted by masaty at 23:55| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタックスMEスーパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

カウンターが回らない……

この間修理したMEスーパーです。
カウンターが進みません。
点検ミスでした。

おそらく爪を押さえるスプリングが外れているのでしょう。
外れているのを引っ掛けなおせば完了。

などと思っていたのですが……。

s.JPG

あれ?見た感じ異常無しです。

矢印のバネが外れているのかと思っていたのですが……。
裏蓋をあけ、再び閉じるとカウンターレバーが押し込まれるのですが、レバーの動きがおかしいです。
カウンターを回転させるとカチッと嵌る音がして、レバーがしっかり押し込まれました。
と言う事は、
カウンターがスタートに戻った時に戻りすぎているみたいです。


ユニットを分解してみました。

IMG_4654.jpg

カウンターの裏側に1枚づつ送られる歯が刻まれています。
スタートの時は、スプリングで勢いよく回転して矢印の位置でロックされます。
本体側矢印のロックピンに当たって止まります。
このロックピンがぐらついているため、カウンターが回転して戻った時に戻りすぎてしまいます。
写真のように分解してしまったのはこのロックピンのぐらつきを補正する為で、裏側から調整しました。
posted by masaty at 23:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタックスMEスーパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

レンズの絞り連動ピンを調整

本体は完成しました。
レンズなしでシャッターを切っていても全く現象は出ないのですが、一部のレンズを取り付けたとき、ミラーアップしてしまう症状が出ました。
一部のレンズとは、絞り連動ピンの硬いレンズです。そして、絞り開放の時は症状が出ませんが絞り込んだ時に起こります。

renzu.jpg

カメラにレンズを取り付けると、絞り連動ピンが矢印方向に押し上げられ、絞りが開放になります。
この押し上げるピンが硬い場合、シャッターを切った時にミラーロックピンが規定の位置まで戻らなくなり、続けて巻き上操作をするとミラーがロックされずに一緒に持ち上がってしまいます。

他のMEスーパーのボディで試してみましたが、
半数以上のボディがやはり同じ症状になりました。
どうやらレンズが不良のようです。
他のレンズは連動ピンの動きがやわらかく、全く異常が出ませんでした。
たまたま調整不良レンズを取り付けて試してしまった訳です……。

故障の症状によっては、ボディばかりでなくレンズ側も調べ無いと駄目だと言うことが解りました。



posted by masaty at 23:11| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | ペンタックスMEスーパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

レンズ側にも故障の原因が……

エアダンパーの動きがよくなると、ミラーの動きもよくなりました。
結局、ゴムパーツの劣化が原因のようです。

IMG_4065.jpg

本体に組み込んで完成間近です。
故障の原因として、レンズ側の絞連動ピンの動きが悪い場合にも起こるようです。

IMG_4405.jpg

posted by masaty at 10:15| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタックスMEスーパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

エアダンパーのパッキンも交換

ミラーボックスの裏側に大型のエアダンパーがあります。
ミラーのショックを和らげるようです。

IMG_4044.jpg

どうやらこのピストンも動きが怪しい……
分解してみます。

IMG_4066.jpg

シリンダーの先のゴムが劣化して動きが悪かったようです。
掃除してパッキンの交換です。


posted by masaty at 00:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタックスMEスーパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

ミラーボックスの劣化したゴムダンパーが原因

本体側のシャッターユニットです。
動きがスムーズです。
故障を引き起こしたのはミラーボックス側に有るようです。

IMG_4042.jpgIMG_4041.jpg

ミラーボックスの分解をすすめてみます。
IMG_4045.jpg

ミラーアップ解除後のレバーの動きが鈍く、チャージするとミラーが一緒に上がってしまいます。
良く見ると、3箇所にのゴムリングがネチャネチャになっています。

IMG_4048.jpg

劣化したゴムがレバーに付着して動きが悪くなっていました。
すべて取り除き、掃除してから皮製ダンパーを取り付けました。
posted by masaty at 10:02| 大阪 ☀| Comment(16) | TrackBack(0) | ペンタックスMEスーパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

本体からミラーボックスを分離

トップカバー、底蓋を外し、リード線を半田ごてで外して行きます。
デジカメで配線の位置をしっかり記録。

一箇所やりにくいところがあります。
本体とミラーボックスの狭い隙間に3本のリード線とむき出しの銅線が接続されていて、それを外さないと分離できません。

IMG_4032.jpgIMG_4034.jpg

右から4本の線を外すことになります。狭い部分なので慎重に……。

貼り皮、セルフタイマーを外し、前板4本、ファインダー部分2本のビスを外すと分離できます。

IMG_4039.jpg


posted by masaty at 23:22| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ペンタックスMEスーパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

感度リングの部品が変形……

感度リングを分解しました。

IMG_4025.jpg

感度表示盤が出てきましたが、くの字に折れ曲がっています。
無理やり抑え込まれていました。
修正して組み直しです。

IMG_4026.jpg

巻き上げレバーを外すのに、円盤と押さえリングを外します。
2ヶ共に逆ネジになっているので要注意です。

IMG_4028.jpg

円盤はカニ目の穴が開いていないので、強力両面テープを貼り付け、指でギュッとやると簡単に外れました。

IMG_4029.jpg

トップカバーが外れました。

posted by masaty at 22:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタックスMEスーパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

感度表示窓に何も表示されていません……

ブラックのペンタックスMEスーパーです。
塗装のはがれも無く、綺麗なボディです。

IMG_4019.jpg

感度が表示されていません……。

IMG_4020.jpg

露出倍数切り替えリングも回りません……。
この部分が分解されて無理やり元に戻されている様子です。

外してみます。
巻き戻しクランクをはずします。
カニ目で押さえリングを外すのですが……、固くて固くてたいへんでした。

IMG_4023.jpg
 
ネジヤマがかなり傷んでいましたよ。
posted by masaty at 23:28| 大阪 ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | ペンタックスMEスーパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。