プロフィール
11.jpeg

カメラとの出会いのきっかけは大阪万博。
マサティ少年は、オリンパスペンEES-2で撮りまくったのです。
名前:マサティ
年齢:多感な時期に大阪万博を体感
性別:男
ウェブサイトURL:http://www.geocities.jp/t911masa/
一言:クラシックギターも大好きです!!
image.jpg
よろしかったらクリックお願いします
にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
banner2.gif

2008年01月22日

レンズの中にもギッシリと電子部品……

これがドーナツ型超音波モーター。
IMG_1738.jpg

キャノンのレンズカタログに超音波モーターの原理が説明されています。超音波の振動を回転エネルギーに変換……良く分かりません。
これだけでそこそこのトルクで回転するんですね。

IMG_1742.jpg

こんな基板が内蔵されています。
レンズの中にこんなにギッシリと電子部品が詰め込まれているとは思いませんでした。
ここに絞り用の電磁ユニット、超音波モーターからのフレキシブル基板が繋がります。
裏側にはボディとの接点があります。

情報を伝達するのに大事な部分なのでしょう……。

IMG_1752.jpg

配線は機械的調整はありません。
間違いなく繋げばOK。

IMG_1754.jpg

150mm、絞り開放。遠景を撮影しました。
やはりカビが無くなるとスッキリします。





ラベル:カメラ レンズ
posted by masaty at 23:39| 大阪 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | レンズのカビ取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

絞りユニットはもっと奥にありました。

前回の写真は絞りユニットではなかったです。スミマセン。
もっと奥の方に…

IMG_1727.jpg

これが絞り用電磁駆動ユニットです。
後群のレンズにへばり付いています。
すでにカビを落とし終えた写真ですが、
ここにもしっかりとカビが生えていました。
矢印のビス3箇所を外すと筒から取り外せます。

IMG_1729.jpg

カビをふき取り、元に戻します。


IMG_1730.jpg
2群目のレンズを取り付けています。
ビスに短い筒を通して締め付けていますが、

IMG_1733.jpg
この筒をを上からよくみると、中心が偏っています。
筒の角度によってビスで固定する位置が上下に移動するのですね 

とても小さな部品なので見落としてしまいそうです。
2群目のレンズの位置を微調整する部品だったのです。

IMG_1734.jpg
posted by masaty at 23:53| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | レンズのカビ取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

キャノンEFレンズです。

カビカビだらけの100〜300mm4.5〜5.6です。

IMG_1722.jpg
すでにレンズを外してカビキラーで除去。
内部のレンズにカビが生えた場合、ここまでばらします。

IMG_1720.jpg
マウントを外すと配線があります。
絞り制御用の配線のようです。

IMG_1723.jpg

中間のレンズと絞り用電磁ユニットに繋がっていました。

posted by masaty at 23:45| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | レンズのカビ取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。