プロフィール
11.jpeg

カメラとの出会いのきっかけは大阪万博。
マサティ少年は、オリンパスペンEES-2で撮りまくったのです。
名前:マサティ
年齢:多感な時期に大阪万博を体感
性別:男
ウェブサイトURL:http://www.geocities.jp/t911masa/
一言:クラシックギターも大好きです!!
image.jpg
よろしかったらクリックお願いします
にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
banner2.gif

2009年10月09日

レンズのカビ取り

最後にクモリレンズ。
このレンズはレンズシャッターが内蔵されています。
レンズの外枠を回してチャージすると、
絞込みレバーが作動したときに、レンズシャッター一眼レフのように羽根が
閉開閉します。
これによって高速シャッターでストロボが同調出来ます。
羽根は粘りも無く、分解の必要はありません。

問題はレンズのカビのみです。


かなりのカビです。


IMG_6055.jpg

 IMG_6054.jpg

後から外してみます。

IMG_6056.jpg


マウントを外し、

IMG_6059.jpg


レンズ後群が外れました。

IMG_6060.jpg
IMG_6061.jpg


後群と前群の間に絞り羽根があります。
この部分は空気に触れる隙間があるため、
カビやすいようです。

前群にもカビが生えています。


IMG_6062.jpg

レンズシャッター機構が内蔵されているので
分解せず、このまま拭き取ります。


IMG_6375.jpg


浅いカビだったようで
コーティングには影響なし。
試写が楽しみです。

IMG_6380.jpg
posted by masaty at 22:43| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アサヒペンタックス 6×7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

指標用のプリズムが脱落

ファインダーカバーを外すと、


IMG_6047.jpg



指標を見るための細長いプリズムが外れて、
左端に移動しています。

IMG_6048.jpg


接着剤の痕から、取り付け位置が解ります。

IMG_6049.jpg


しっかりと貼りなおして…
指標が現れました。
ボディに取り付け、


IMG_6050.jpg


右側のスイッチを入れると、
針が振れました。

IMG_6051.jpg

posted by masaty at 23:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アサヒペンタックス 6×7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

複雑な電子部品

IMG_6044.jpg


こんな所にも隠し螺子があります。
銘板は両面テープで留められています。
ドライヤーで暖めると簡単に剥がれます。

IMG_6045.jpg


シャッターダイヤルです。
SPとよく似ています。

IMG_6046.jpg


トップが外れました。


たくさん調整ボリュームがありますね。
これは微調整されているので触れません。

posted by masaty at 00:58| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アサヒペンタックス 6×7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

TTLファインダー分解

TTLファインダーですが、
IMG_6041.jpg


視度調整レンズがなくなっています。


IMG_6042.jpg

内部はカビだらけです。でもプリズム面は傷は無く、
表面は拭き取るだけで綺麗になりました。

ファインダーを覗くと、露出計の指標が見える筈ですが、
何も見えません。

針が見えないので、
本体の電源が供給されているか解りませんね…。

接眼部のカビ落としの為、分解します。
posted by masaty at 23:58| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アサヒペンタックス 6×7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

本体の完成です。

大掃除完了。

注油も終わり、後は組み立てです。

IMG_6036.jpg

ミラーボックスを元に戻します。


IMG_6039.jpg


取り付けるときに

IMG_6038.jpg


カウンター部分のピンの位置を
間違わないように。

IMG_6040.jpg


本体は完成です。

posted by masaty at 22:39| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アサヒペンタックス 6×7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

ピントグラスの洗浄

次にピントグラスですが、これもかなり汚れており、
外して洗浄。

IMG_6034.jpg



しかし、ここを緩めて判ったのですが、
ピントの位置が決められていたようです。

触ってはいけないビスを緩めてしまいました。
外すことによってピント調整が必要になてしまいました。

IMG_6035.jpg


なんと、一体化されている。
外す必要は無かった……。

仕方ないですね。

posted by masaty at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アサヒペンタックス 6×7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

アルミ針金でリベットを作成


アルミ針金で補修です。

IMG_6026.jpg


続いて後幕も…

IMG_6030.jpg

 

写真では分かりにくいですが、


IMG_6031.jpg

幕表面にカビの菌糸が生えまくっています。
カビキラーで拭き取っているのです……。

裏側です。


IMG_6033.jpg


カビが幕を貫通しているのかも知れません。

菌糸は捕れましたが、裏側のカビの跡は薄く残って消えません。
幕交換も考えましたが、
劣化は無いようなので、現状のままで行くことにします。

posted by masaty at 23:44| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アサヒペンタックス 6×7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

えらいことになっています……。

外した途端、異物がバラバラと落下。
砂や錆びの固まりです……。

本体側内部。

IMG_6021.jpg


酷い錆び……。

IMG_6020.jpg

反対側も……。



ミラーボックス側です。

IMG_6023.jpg

リボンを留めるリベットが……。


シャッター幕リボンを固定しているリベットが外れてしまって、
リボンが竿から外れてしまいそうです。

posted by masaty at 23:40| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アサヒペンタックス 6×7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

ミラーボックスを分離

シャッターが直っても、
幕にはカビが生えており、
また砂が混入していたので、
ミラーボックスを外して内部を大掃除することにします。


IMG_6007.jpg

シャッターダイヤル部分2箇所と


IMG_6008.jpg

ボディ後ろ側のビス4箇所を外し、

IMG_6017.jpg

巻き上げギアを外します。


IMG_6014.jpg

IMG_6009.jpg

底の2箇所を外すと、
ミラーボックスが緩み、
今にも外れそうです。

IMG_6012.jpg

ミラーをチャージするギアが引っ掛かっているので外します。

IMG_6019.jpg

ミラーボックスが外れました。
posted by masaty at 22:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アサヒペンタックス 6×7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

シャッター不良の原因

カウンター切り替え部分を外すと

IMG_5999.jpg

巻き上げ側のトップカバーが外れます。

IMG_6001.jpg

巻き上げレバーを仮止めして動きを調べてみます。

SPとよく似た構造ですね。

IMG_6004.jpg

巻き上げても先幕が引っかからず戻ってしまうのは、
この赤矢印のレバーが怪しい……。


IMG_6003.jpg


良く見ると、
巻き上げに係わらず、レバーがロックしたままです。
軸に注油してみます。

するとピンが先幕ギア側に寄りかかりました。

油切れだったのですね。
巻き上げると先幕が正常にロック。

レリーズレバーを押すとミラーが上がり、
先ほどのピンが解除され、先幕が走りました。

このあたりはSPなどと似た構造です。

シャッタースピードも正常に作動。
シャッターメカにダメージは無かったようで、
一安心です。

posted by masaty at 22:39| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アサヒペンタックス 6×7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

クモの巣?


腐蝕は外部のみに留まっていました。
ひとまず安心。

IMG_5995.jpg

カメラが巨大だったおかげで、本体との隙間に余裕があり、
幸運にも腐蝕は免れたようです。

IMG_5996.jpg



蜘蛛の巣か?


IMG_5997.jpgIMG_6005.jpg


余裕のあるスペースに蜘蛛が侵入し、
巣を作ったのか?

と思われるようなモヤモヤしたものがかかっています。


カビの菌糸のようにもみえます。
きっとカビなのでしょうね。

posted by masaty at 23:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アサヒペンタックス 6×7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

内部から砂が……

底板を外しているのですが……、

IMG_5989.jpg

一箇所の螺子の頭が破損してしまった!

IMG_5993.jpg


酷いことになっています……。
水が浸入したのでしょうか?



IMG_5992.jpg

内部からは、かなりの砂!
砂浜の砂なのか?

posted by masaty at 12:04| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アサヒペンタックス 6×7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

貼皮を剥がし、少しずつ分解

貼皮を剥がします。
破れることなく、簡単に剥がれました。
隠しねじが見えてきます。


IMG_5987.jpg


少しずつ内部が見えてきます。


IMG_5988.jpg


カム、レバーを触っていると、後幕とミラーが復元。
どこかが引っかかっていた感じです。

巻き上げてシャッターは作動し始めましたが、
やはり、先幕はレバーとともに戻ってしまいます。
posted by masaty at 23:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アサヒペンタックス 6×7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

正ネジ?逆ネジ?

さて、いよいよ分解です。
トップカバーはミラーボックスで左右に分かれています。
先幕ストッパーがありそうな巻き上げ側から外します。

巻き上げレバー、カウンターは35ミリのSPなどに良く似ています。
カウンターカバーは芋螺子を緩めると外れ、
SPの手順に似ています。
間違えやすいのが、真ちゅうの円盤を留めているカニ目リング。
逆ネジです。


IMG_5985.jpg

ペンタックスは巻き上げレバー部分に逆ネジを良く使っていますね。
Mシリーズの巻き上げレバーを留めている円盤。
間違って正方向にねじった為、切れてしまった固体を良く見かけます。

困ったのは次のパーツ。

PICT0001.jpg

これが固くて全く外れない……。
正か逆か?
おそらく正だと思い、回してみたのですが、
カニ目穴が少し変形しました。
まわる気配なしです。

ペンタックスならば
正逆どちらでもあり得るので、
あまり力一杯やると壊れるかも……。

今回、幸運なことにweb上で存じ上げているTOMさまhttp://tomshome.sakura.ne.jp/から情報を頂きました。ありがとうございました。

正ネジです。
満身の力をこめて……。
やっと外れました。

それにしても、めちゃめちゃ硬かったです。
普通だったら逆ネジかと思い、逆回転させるところです。  
危うく取り返しの付かない事になっていたところです。
 
カニ目が外れて傷が付きましたが、
挫けず、力一杯押さえて回して成功しました。


IMG_5986.jpg

posted by masaty at 23:34| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アサヒペンタックス 6×7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

やっと手に入れた6×7ですが……

先日オークションで手に入れたペンタックス6×7です。

IMG_5977.jpg

TTLファインダー、レンズ付きです。
しかもこのレンズは、レンズシャッター付きです。
高速30から500でもストロボを同調させることが出来ます。

しかし、ファインダー共にカビだらけ……。
ボディも傷、カビが酷く、動作するだろうか……?


シャッターを切ってみます。
フイルムが入っていないカウンターの戻った状態では、
巻き上げレバーが空回りします。

空シャッターを切るためには、

IMG_5982.jpg

裏蓋を開けてカウンター中心のギザギザに指を当て、
反時計方向にまわして適当な枚数のところにして裏蓋を閉じます。
これで巻き上げができるようになります。

バッテリーは4LR44のアルカリ電池が使えます。


おぉ!動きますね。
シャッターは切れているようです。
壊れていないのかな…?

いや……、駄目です。
先幕がおかしい。

巻き上げレバーを戻すと同時に先幕も戻ってしまいます。
でも、後幕はシャッタースピードどおり戻っています。
高速では解りませんが、スローでは良く解ります。

先幕がロックされない状態ですね。

しばらくシャッターを切っているうちに
ミラーアップしたまま動かなくなりました……。


IMG_5978.jpg


IMG_5980.jpg

カビや埃でボロボロです。
シャッターはロックしてしまいましたが、
メカ、電子制御部分は生きているようです。



posted by masaty at 08:09| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | アサヒペンタックス 6×7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。